2018年 7月 18日 (水)

ボーナス使い道、1位「国内旅行」、2位「LED電球」

印刷

   電通総研は2011年6月21日、この夏のボーナスの使い道についての調査結果を発表した。1位は「国内旅行」で22.2%、2位は「LED電球」の9.6%。以下、3位「贅沢な外食」、4位「ブルーレイディスクレコーダー」、5位「海外旅行」と続いた。

   「旅行」や「外食」などが上位に入ったことについて、電通では「震災後のストレスを気分転換で解消したいという消費者心理を垣間見ることができる」と分析。また2位の「LED電球」、7位の「扇風機(据置型)」、9位の「節電・節水家電」など節電関連商品の躍進も目立ち、昨年人気を集めたIT・デジタル系商品はやや後退する結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中