ANAグループ、スト回避 会社側と交渉妥結

印刷

   全日空(ANA)グループのエアーニッポンとANAウイングスの操縦士でつくる4つの労働組合は2011年6月28日未明、同日に計画していた24時間ストライキの回避を決めた。会社側との交渉が妥結したため。

   2社は、ANAグループの国内線で小型ジェット機やプロペラ機を運航。仮にストに突入した場合、166便が欠航し、約9000人の足に影響が出ると見られていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中