三重県知事、給与下げ退職金はゼロに 防災対策などに回す

印刷

   三重県議会は2011年6月28日、鈴木英敬知事の月給を3割、ボーナスを5割削減し、退職金を支給しないとする条例案を可決した。これで鈴木知事の報酬は年額約1375万円となり、全国で最低となる。

   副知事の給与は15%、副知事以外の特別職と部長級は10%、次長・課長級は8%削減。削減効果として見込まれる約6億6000万円は、東日本大震災の被災地支援や県内の防災対策強化に充てられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中