2018年 7月 18日 (水)

中国人船長再び不起訴に 尖閣沖の衝突事件

印刷

   尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、那覇地検は2011年6月28日、中国人船長(42)を再び不起訴処分にしたことが分かった。この事件では、那覇検察審査会が公務執行妨害や外国人漁業規制法違反の罪などで「起訴相当」と議決していた。

   不起訴について地検は、計画性があったとは言えず再犯の恐れもないことを理由に挙げている。検察審査会が再び起訴相当とすれば船長は強制起訴されるが、船長は帰国していて起訴状が2か月以内に届かないため、失効する可能性が高いとみられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中