松本復興相、辞意表明 宮城県知事らへの「暴言」受け

印刷

   松本龍・復興相は2011年7月5日午前、菅直人首相と会談し、辞任する考えを伝えた。首相は了承した。

   松本氏は、東日本大震災の被災地、岩手、宮城両県を訪れた際、知事に対し命令口調で「知恵を出さないやつは助けない」「自分が入ってから客を呼べ」などと発言していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中