2019年 12月 10日 (火)

オンライン決済「PayPal」にハッキング ツイッターアカウント写真に排泄物

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   オンライン決済システム「PayPal」のツイッターアカウントがハッキングされる事件が2011年7月6日、発生した。実害はなかったというものの、金銭を管理するサービスなだけに海外で騒動となっている。

   PayPalは、約1億人のユーザーを擁する世界最大級のオンライン決済システムサービス。現在190の国と地域で利用されている。個人でも企業でも簡単に利用可能で、近年大きくユーザー数をのばしている。本社はアメリカだ。

「俺たちのセキュリティは凄いだろ。このツイッターを見てくれよ!」

   ハッキングされたのはPayPalのイギリスでのツイッターアカウント「PayPal UK」。2011年7月8日現在、1万7000人にフォローされていて、複数の海外ネットメディアによると、7月6日、ハッカーに乗っ取られてしまった。

   プロフィール説明が「PayPal UKの駄目チームのオフィシャルツイッターアカウントです」に変えられたほか、アカウントの写真も排泄物に変えられてしまい、「全てのペイパルアカウントは凍結した。このクソが掃除されるまではな!」と投稿。さらには、「俺たちのセキュリティは凄いだろ。このツイッターを見てくれよ!」と挑発した。

   フォロワーからは「安全と言われていたペイパルがハッキングされてしまった。自分のPayPalアカウントをキャンセルするべきかも知れない」といった反応が寄せられ、ハッカーもわざわざこの呟きをリツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中