2018年 7月 18日 (水)

金価格NYで1610ドル突破、最高値を更新

印刷

   ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場が時間外取引でさらに高騰し、1オンス1610ドル台に突入した。中心限月の8月物は2011年7月19日(日本時間)16時20分頃に一時1オンス1610.7ドルまで上昇し、過去最高値を更新した。

   COMEXでは1オンス1602.9ドルで取引を終えていた。欧米の債務問題の不透明感から、投資化のリスク回避姿勢が強まり、実物資産の裏づけがある金先物が買われた。

   NYの金先物は4月19日に初めて1500ドルを突破したが、わずか3か月で1600円台に乗せた。

   一方、東京工業品取引所(TOCOM)の金先物相場は7月20日14時時点で、前日比27円安の1グラム4055円で取り引きされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中