ANA、エアアジアと合弁会社 12年8月就航目指す

印刷

   全日本空輸(ANA)とマレーシアの格安航空会社(LCC)、エアアジアは2011年7月20日、合弁会社「エアアジア・ジャパン」を11年8月に設立すると発表した。出資比率はANA67%・エアアジア33%だが、機体の塗装やサービスはエアアジアのものを用いる。成田空港を拠点に、国内線・国際線ともに12年8月の就航を目指す。

   ANAは11年2月、香港の投資ファンドと合弁で関西国際空港を拠点とするLCC「ピーチ・アビエーション」を設立しており、ANAがLCCに出資するのは2社目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中