石巻市、気仙沼市の経済力、半分を喪失

印刷

   東日本大震災で、宮城県石巻市と気仙沼市の経済力の半分を喪失した、と宮城県に本店を置く七十七銀行が推計した。

   震災前については2005年の石巻市と気仙沼市の産業調査。震災による経済的被害額は東京商工リサーチの調査データをもとに、比較・推計した。石巻市では国内総生産(GDP)にあたる数値が5791億円から2421億円に、41.7%も減少。約3万4000人の職が失われる影響があった。また気仙沼市では2287億円が1122億円に、49.1%減少した。雇用では1万9000人が職を失うと推計した。

   石巻市はパルプや紙・紙加工品製造業、製材・木製品製造業、漁業、飲料・たばこなど、気仙沼市は漁業と食料品製造の再生と活性化を図ることが、第一義的には肝要としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中