脱「原発依存」、原発ゼロと「イコールではない」 枝野長官

印刷
記者会見に臨む枝野官房長官
記者会見に臨む枝野官房長官

   枝野幸男官房長官は2011年7月22日夕方の定例会見で、菅首相が表明した「原発に依存しない社会」を目指す方針について、原発が全廃された状態とは「イコールではない」とクギを指す一幕があった。

「依存しない社会というのは(原発)『ゼロ』ということをイメージしているのか」

という記者の質問に対し、枝野長官は

「依存をしないですむ社会ということと、その時点において原子力に関してどういう状況になるのかということは、イコールではない」

と述べた。菅首相の「脱原発宣言」をめぐっては、会見後に「個人的意見」だと軌道修正したとして批判が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中