「パン食」最多は60代、若者は「食パン離れ」?

印刷

   食パンを食べる頻度が最も高いのは60代、女性では42%、男性では40%が「ほぼ毎日」食パンを食べている――製粉協会と製粉振興会が、そんな調査結果を明らかにした。

   2010年9月と11年2月、20~60代の男女約3万4千人を対象に調べたもので、逆に最も低かったのは20代。「ほぼ毎日」とした人は男女ともに2割に満たず、男性では「ラーメン」、女性では「パスタ」を食べる頻度が高い人が目立った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中