2018年 7月 23日 (月)

大食い「ギャル曽根」食費大変? 結婚生活どうなると話題に

印刷

   大食いタレントのギャル曽根さん(25)がディレクター男性(35)とゴールインし、その食生活に注目が集まっている。意外に少食とも言う説もあるが、果たして――。

   ギャル曽根さんといえば、おいしそうに何皿も平らげる「大食いクイーン」ぶりで人気を集めた。それが、一般人と結婚して、食生活を共にするというのだ。

「エンゲル係数がえらいことに」

食費はどうなる?
食費はどうなる?

   お相手は、スポーツ紙各紙によると、テレビ制作会社に勤めるハーフのイケメンディレクターだという。番組収録で5年前に知り合ったが、当時は番組予算が少なく、タレント前のギャル曽根さんにはギャラが払えなかった。そこで、ディレクターが「ご飯を好きなだけ食べていい」と約束し、仲が良くなったそうだ。

   芸能界入りの相談などをするうち、2009年末から交際に発展。10年12月4日のギャル曽根さんの誕生日にディレクターがプロポーズして、11年7月24日に晴れて入籍した。

   このニュースが流れると、ネット上では、祝福の声が上がるとともに、だれもが思うような疑問が次々に出ている。

「旦那食費大変だな」「エンゲル係数がえらいことに」「披露宴の余興はウェディングケーキの完食ですか」…

   これらは、2ちゃんねるへの書き込みだ。ギャル曽根さんは、家庭でも大食いなのだろうか。

少食説もあるが、やっぱり?

   テレビでは何皿も平らげる姿がアップになるが、普段は意外に少食だという説もある。

   テレビ番組では以前、ギャル曽根さん本人が、普段はコンビニ弁当で済ませており、1日の食費も1000円と決めていると告白して話題になった。

   また、野菜ソムリエや調理師の免許を持ち、栄養バランスなどには気をつけているようだ。スポーツ報知の2011年7月25日付記事によると、80キロも体重があったディレクターを野菜中心に食事管理したところ、10キロダイエットに成功したという。

   とはいえ、その横で、ギャル曽根さんは、炊き込みご飯をガツガツ食べていたとも伝えられている。

   やはり、大食いタレントの後遺症で、食費に頭を悩まされることになりそうなのか。

   もっとも、大食いタレントを「卒業」し、普通のタレントに転身してしまえば、視聴者の余計な心配はたぶん不要になるのだが…。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中