肝炎和解金へ臨時増税 閣議決定「5年で7000億円」

印刷

   B型肝炎訴訟の和解金について、政府は2011年7月29日、財源の一部として7000億円の臨時増税をあてることを閣議決定した。税目は今後協議する。

   和解金の財源として、今後5年間で1兆1000億円が必要と試算されている。このうち、7000億円を5年間の臨時増税で賄い、さらに厚生労働省の有休資産売却などで1000億円を確保する。残る3000億円分の検討は先送りした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中