中国が防衛白書に強い不満表明 「無責任な論評」

印刷

   日本の2011年版防衛白書について、中国外務省が強い不満を表明する談話を発表したことが、2011年8月4日分かった。

   談話では、「中国脅威論」を否定し、「勝手気ままで無責任な論評をしている」と非難している。防衛白書では、尖閣沖の中国漁船衝突事件などを挙げ、中国は「周辺諸国と対立する問題で高圧的とも指摘される」などとしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中