福島党首、「大連立」に反発 「何のための政権交代だったのか」

印刷

   ポスト菅政権をめぐり、民主と自民、公明の3党間で浮上している「大連立」構想について、社民党の福島瑞穂党首は「大連立したら、一体なんのための政権交代だったのか」と反発している。2011年8月16日未明、インターネットのツイッターで発信した。「時計や時代が逆戻り」とも書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中