2018年 7月 20日 (金)

肉牛の出荷、宮城県産は一部解除 福島は見送って精査

印刷
宮城県産肉牛の出荷制限一部解除を発表する枝野幸男官房長官
宮城県産肉牛の出荷制限一部解除を発表する枝野幸男官房長官

   枝野幸男官房長官は2011年8月19日午後の定例会見で、宮城県全域に指示していた肉牛の出荷制限を一部解除したと発表した。牛の検査方法などについての宮城県の管理計画を政府が承認する形で、今後、計画に沿った肉牛のみ出荷を認めていく。

   計画では、(1)汚染稲わらを使用した農家の牛は、全頭検査で基準を下回ること(2)それ以外の農家は、初回出荷時に1頭以上を検査し、その結果が1キログラムあたり50ベクレル以下であること、などを求めている。

   福島県については、汚染稲わらを与えられていない肉牛から暫定基準値を上回る放射性セシウムが検出されたため、原因調査のため解除を見送った。

   枝野氏は「管理された形で、安全が確認されたもののみ出荷を認める」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中