2018年 10月 22日 (月)

一川防衛相「素人だから文民統制」発言 「中国、北朝鮮から隙突かれる」と批判

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   一川保夫・防衛相(69)の「(私は)素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」という発言が波紋を呼んでいる。自民党からは「解任に値する」と反発の声があがり、識者からは「中国や北朝鮮などから隙を突かれる」との指摘も出ている。

   「そのひと言だけで解任に値する」。一川発言を受け、自民党の石破茂・政調会長(元防衛相)はこう反発した。2011年9月2日、一川氏が閣僚呼び込み前に記者団に「素人」発言をしたことを受け、即座に国会で追及していく考えを示した。

自民・山本参院政審会長「一刻も早く辞めて頂きたい」

一川防衛相発言は、尾を引くのか。
一川防衛相発言は、尾を引くのか。

   一川防衛相は9月2日夜、「素人」発言について、「ほとんどの国民は(安全保障政策には)素人。専門家でなく国民目線で国民が安心できる政策が大事だ」という趣旨だったと記者団に釈明した。

   しかし、批判は収まらず、3日のTBS系情報番組に出た自民党の山本一太・参院政審会長も「一刻も早く辞めて頂きたい」「こんな気持ちの人に日本の防衛を任せられるのか」と責め立てた。

   また、元外務省主任分析官で作家の佐藤優さんは、3日のブログ「佐藤優の眼光紙背」で、一川発言について、「国防・安全保障に対する基本認識を示すものなので、実に深刻な失言だ」と指摘した。理由について、中国やロシア、北朝鮮、韓国が「自らが素人と公言する防衛相が就任した隙を突いて自国の権益を拡大しようとするからだ」と説明した。

   佐藤氏によれば、防衛相に必要なのは「国防哲学」であり、「国民目線」で判断しては、結果として国家と国民を守ることができなくなる。ただ、この件を政争の具にする余裕はないとも指摘し、「国民が一丸となって政治家を強化していく」必要性も訴えている。

   元航空幕僚長で「ほんとうは強い日本」(PHP新書)などの著書がある田母神俊雄氏に聞いてみると、「問題視するような大した発言ではない」との答えが返ってきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...