世界へ復興を発信 11月に「ふくしま会議」

印刷

   東京電力福島第一原発事故による放射性物質の影響に苦しむ県民の声を世界に発信する国際会議「ふくしま会議2011」が11月11日から3日間、福島大学(福島市)などを会場に開催される。

   福島県内外の有志による実行委員会が企画した。清水修二・福島大副学長、赤坂憲雄・福島県立博物館長と作家で福聚寺(三春町)住職の玄侑宗久氏が共同代表を務める。

   会議のテーマは「いのちを守る」「明日を生きる」「未来をひらく」。放射性物質による汚染の問題に直面する福島県の実態を伝え、「福島の復興」を世界的な課題とする運動を起こしたい考えだ。チェルノブイリをはじめ国内外から科学者や文化人、哲学者らを招き、福島でどう生きるべきかも考える。

   問い合わせは実行委員会 電話0224-597-6800へ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中