2018年 7月 19日 (木)

九電・真部社長、続投へ 引責辞任を撤回

印刷

   九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働をめぐる、いわゆる「やらせメール」問題で2011年9月末に引責辞任する意向を示していた九電の真部利応(まなべ・としお)社長が、続投する意向を固めたことが明らかになった。各紙が11年9月27日報じた。原発の停止や電力需給の問題が山積するなか、任期途中のトップ交代で混乱が発生することを避けるべきだと判断した。松尾新吾会長も続投の方針。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中