2018年 7月 20日 (金)

ユーロ、一時101円台 欧州不安根強く

印刷

   東京外国為替市場はユーロ安が一段と進み、2011年9月26日には一時101円95銭を付けた。2001年6月以来、約10年ぶりの安値水準。ギリシャに端を発する欧州の債務問題への懸念が根強く、投資家がユーロを売って円やドルを買う動きが強まった。

   27日は、10時時点で前日17時と比べて25銭の円安ユーロ高の1ユーロ102円91~94銭近辺で推移。やや戻したものの、ユーロが売られやすい状況が続いている。

   なお、ドル円相場は27日10時時点で、同19銭の円高ドル安の1ドル76円31~34銭近辺で推移している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中