2018年 11月 14日 (水)

「プロも賞賛」アッキーナのカート・テク 「ライン取りも完璧」とネットで話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレントの「アッキーナ」こと南明奈さん(22)が、バラエティ番組で行われたカートレースの中で圧倒的な強さを見せ、ネット上で大きな話題となっている。

   2011年10月1日放送された「オールスター感謝祭 芸能人No.1決定戦SP」(TBS系)で、東京・赤坂のTBS敷地内に置かれた特設コースで、芸能人がカートレースをする企画が行われた。

「お遊び」ムード漂う中、一人だけ真剣な表情

   一人ずつ順に走ってタイムを競うというルールで、南さんのほか俳優の松坂桃李さんや、格闘家の魔裟斗さんら6人が出場。バラエティ番組の「お遊び」企画ということで、出場者のほとんどがリラックスした雰囲気で笑顔も見せる中、南さん一人だけが違った。

   カートに乗ってスタート位置についた時点から異様に真剣な表情をしていて、さながら本物のレーサーのようだ。1回目のスタート直後にエンジントラブルでカートが停止すると、両手を挙げ神妙な顔でトラブルをアピール。2回目のスタートで再びカートが停止したときには、腕を組んで少しいらつく素振りも見せた。

   3回目のスタートでやっと順調に走り出し、そこからが凄かった。第1コーナーに猛スピードで突っ込み、そのままカーブ。終始コーナーを激しく攻め、他の出場者が40秒前後の中、34秒24という段違いの記録を出した。

プロのレーサー「あの闘争心は見習いたい」

   南さんの圧倒的な速さはネット上で大きな話題となり、「アッキーナがガチで速すぎワロタ」「ライン取りも体重移動も完璧だったな」「体重軽い分有利といっても凄い」といったコメントが殺到した。

   走りだけでなく、ゴール後、自分でエンジンを切るまで終始真剣な表情をしていることにも「惚れた」「ガッチーナだな」「全てがかっこいい」という声が挙がった。YouTubeにも南さんの走りがアップされ、1日で30万回以上再生された。

   もっとも南さんは全くの初心者という訳ではなく、以前もバラエティ番組でカートに乗ったことがあり、そのときもかなり速かったようだ。ただ、今回の走りはプロが見ても凄かったようで、コース監修などで企画に携わったレーシングドライバーの千代勝正さんも、ツイッターで

「細かくは分かりませんが、闘争心があって、とてもアグレッシブにコーナーを攻める走りで、尚且つ高いスピードでもちゃんとコントロールしている所がすごかったです」
「あの闘争心は見習いたいと思います」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中