2018年 7月 21日 (土)

傾き続ける英国ビッグベン 4000年でピサの斜塔並みに

印刷

   「ビッグベン」の愛称で知られるイギリス国会議事堂の大時計の「傾き」が、2003年から急に大きくなったことがイギリス議会の報告書から明らかになった。

   1859年に建てられたビッグベンはすでに19世紀から下水道工事などが原因で傾き始めていたが、2003年以降傾きの進行が早まり、現在では北西の方向に約0.26度傾いている。垂直軸からのずれは43センチになる。地下駐車場の建設、地下鉄の拡張などが影響していると見られる。

   現在では目で見ても傾きがわかるほどだというが、現在のペースで傾きが進んでも有名な「ピサの斜塔」並みに傾くまでは4000年かかり、当面は対処の必要はないとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中