2018年 7月 20日 (金)

大分県議「セシウム牛はいりません」 牛喰い絶叫大会で

印刷

   大分県由布市であった「由布院牛喰い絶叫大会」で、地元選出の近藤和義県議(77歳、自民)が「セシウム牛はいりません」と叫んだ。大会は2011年10月10日に開かれ、観光客ら約800人が参加した。

   近藤県議は当日、「絶叫」の前に地元産の牛肉は安全だと説明していた。報道陣の取材に対しては、牛肉の安全確保などについて早い対応を国に促す意図だったとして、「差別的な発言ではない」と主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中