日豪で「iPhone 4S」販売差し止めを申請 サムスン電子

印刷

   韓国サムスン電子は2011年10月17日、日本とオーストラリアの裁判所に対して、米アップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)4S」の販売を差し止める仮処分を申請したことを明らかにした。日本では、「iPhone 4」と、タブレット型端末「iPad2」についても同様の申請を行った。

   サムスンは、アップルが特許を侵害したとの訴訟をフランスやイタリアでも起こしている。一方アップルも、サムスンが開発したスマートフォンやタブレット型端末のデザインや画面タッチによる操作性がiPhoneをまねているとして提訴。ドイツやオーストラリアではアップルの主張が受け入れられ、サムスンの「ギャラクシータブ10.1」が販売停止となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中