ウィキリークス、ギブアップか 「兵糧攻め」で寄付金激減

印刷

   内部告発サイト「ウィキリークス」は資金源を断たれ存亡の危機に立っていることが明らかになった。

   同サイトの創始者で編集長を務めるジュリアン・アサンジ氏は、2011年10月24日ロンドンで記者会見を開き、金融機関による「兵糧攻め」が続けば年末までにはサイトを閉鎖することになると述べた。

以前の5%に激減

   兵糧攻めとは、ビザやマスターカードなどの米系クレジットカード大手が2010年12月から同組織への寄付金の受け付けを拒否していることを指す。10年11月、ウィキリークスは内部告発者から入手した大量の米外交文書を、自身のサイトや英「ガーディアン」紙や「ニューヨーク・タイムズ」紙などと協調して公開したが、その直後に前出の金融機関は同組織へのクレジットカード決算の寄付金受け付けを停止した。

   アサンジ氏によれば、現在のレベルで今後とも活動を続ければ、今後一年間で350万ドル(約2億6600万円)が必要になるという。だが現在、寄付金は月間ベースで約7000ユーロ(およろ73万5000円)しかなく、兵糧攻め以前と比較すれば95%も激減した模様だ。

   ウィキリークスは資金繰りだけでなく、アサンジ氏自身が性犯罪容疑で逮捕され現在保釈中という身分なので、裁判所の判決次第では性的暴力を振るったとされるスウェーデンに身柄送還される可能性もある。いずれにしても、ウィキリークスの運命は年末までに決まりそうだ。

(在米ジャーナリスト 石川幸憲)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中