2021年 4月 11日 (日)

自転車保険ようやく充実 「月100円」やコンビニOKも登場

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   通勤や通学に自転車を使う人の増加、また歩道を猛スピードで走り抜けるなどのマナーの悪さが原因で、自転車による交通事故が多発。しかも、最近は歩行者が死傷する大事故が急増している。

   そうしたことから、損害保険会社が取り扱う「自転車保険」への注目度がアップ。保障が手厚く、また加入しやすくなってきた。

「100円 自転車プラン」11月1日から本格スタート

自転車保険はようやく充実してきた
自転車保険はようやく充実してきた

   2011年5月に開業したばかりのモバイル専業のau損害保険は、開業記念として10月末まで販売している「100円 自転車プラン」を、あまりの反響の多さに11月1日から「定型化」して取り扱う。「死亡後遺障害、400万円」、「個人賠償責任の最大1000万円」の保障はそのままに、保険料の「月々100円」にこだわった。

   「100円 自転車プラン」は、そもそも若者や女性をターゲットにした商品で、「アプリ感覚で買える商品設計にした」ことが奏功し、人気を呼んだ。

   加入者の約半数が20~30歳代、3分の1が女性。なかでも「子どものために加入する母親が多いです」(au損保)と話す。

   入院一時金や入院日額などの保障やより高額な補償を備えたい人には、補償内容を充実した「自転車ワイドプラン」を選べるように品揃えした。

   また、三井住友海上火災保険はコンビニエンスストア最大手のセブン‐イレブン・ジャパンと提携して、2011年11月中旬から全国のセブンイレブンで「自転車向け保険」を販売する。交通事故によるケガを補償する傷害保険に、他人のモノを壊したり、他人にケガをさせてしまったときに補償する日常生活の賠償特約をセットした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中