福島市大波地区のコメから基準超セシウム

印刷

   福島県は2011年11月16日、福島市大波地区で今秋収穫したコメから国の暫定基準値(1キロあたり500ベクレル)を超える同630ベクレルの放射性セシウムを検出した、と発表した。市場には流通していないという。

   藤村修・官房長官は11月17日午前の会見で、「この(大波)地区のコメを対象とした出荷制限について、早急に結論を得たい」と述べた。

   福島県産のコメについては、サンプル調査の結果、佐藤雄平知事が10月12日、「安全宣言」を出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中