主婦年金「救済」法案を閣議決定

印刷

   政府は2011年11月22日、いわゆる主婦年金救済法案を閣議決定した。国民年金への切り替えを忘れるなどし、年金保険料が未納の主婦に最大過去10年分の追納を特例で認める内容だ。

   未納期間が計算に反映されず、本来より多く年金をもらっていた受給者への過払い額返還は求めない。正しく切り替えを行った主婦らの間に不公平感が残る内容で、野党は反発している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中