2022年 7月 7日 (木)

季節性インフルエンザ「軽視」は禁物 手遅れになれば死に至る心配もある病気

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

H1N1ウイルスにはラピアクタやイナビルが効く

   一方、タミフルやリレンザに加えて、ラピアクタやイナビルなどの新しいタイプの治療薬が登場し、早期受診の段階での確実な治療で感染拡大を防げるようにもなってきた。

   廣津院長によると、インフルエンザの型によっても薬の効き目が違うことがわかってきて、「たとえば、H1N1ウイルスにはラピアクタやイナビルが効きやすい。とくに小児には呼吸器障害が伴うことが多いので、その場合にはラピアクタが有効です」と話す。

   また、「早期治療」の意識もだいぶ高まり、前出の調査ではインフルエンザと思われる症状が出てから「12時間以内に医療機関を受診する」と答えた母親は、前年度よりも約20ポイント増加した。

   廣津院長は、「早期治療が感染を抑えることは間違いありません。一昨年の流行時では、97%が48時間以内に治療を開始しています。ふだんから、周囲に感染者が出たらすぐにマスクなどでウイルスを近づけないようにすることが大切です」とアドバイスする。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中