2018年 7月 21日 (土)

女性誌記者「イケメン俳優にナンパされた」 相手はあの長身の芸能界2世?

印刷

   女性誌の40代半ばの女性記者が、20代の人気イケメン俳優を張り込み中にナンパされたとバラエティ番組で暴露した。その俳優はだれなのかと、ネット上で憶測を呼んでいる。

   ナンパされたと告白したのは、女性誌記者の松本佳子さんだ。タレント加藤茶さん(68)の45歳差婚をスクープしたこともあるといい、週刊誌「AERA」では、芸能情報のコラムを連載している。

クラブで張り込んでいて「まさかの事態」

Q&Aサイトでも話題に
Q&Aサイトでも話題に

   2011年11月21日深夜は、日テレ系「芸能★BANG!」に出演した。

   芸能人も知らない芸能界のマル秘裏話のコーナーで、松本さんは、取材にお金がかかった例を紹介した。そのうちの1つとして紹介したのが、実際の苗字が「M」で芸能界2世という人気イケメン俳優のことだ。

   Mさんが熱愛中のモデルとクラブでデートするのを張り込んでいたとき、松本さんに「まさかの事態」が起きた。

   モデルを帰した後、Mさんは、1人でワインを飲んでいた松本さんのところにやって来た。「何してるの?」とMさんに聞かれ、張り込み中とは言えずに「飲んでる」と答えた。そして、「結局、ナンパされた」というのだ。

   司会のチュートリアル徳井義実さん(36)が「ウソをついたらアカン」と指摘したが、松本さんは、手を振って否定した。Mさんは、「オレ、年上が好きなんだ」。さらに、「シャンパンしか飲まないんだよぉー」と言うので、松本さんは、10万円を自腹で出したという。

   このやり取りは「ある女性誌」にすっぱ抜かれ、「40代美女をお持ち帰り」と書かれてしまったとも松本さんは話した。番組の字幕では、ある女性誌とは「他誌」と説明していた。

   ネット上では、放送後、Mさんとはだれなのかが話題になった。ヤフー知恵袋では、早速質問が上がり、それに対する回答が寄せられた。

俳優の松田翔太さんと、ネット上では指摘

   その回答では、長身でCMにいっぱい出ていると番組で紹介されたことから、俳優の松田翔太さん(26)ではないかとの指摘が出た。翔太さんは、俳優の松田優作さんと女優の松田美由紀さんの二男で、芸能界2世という点でも符号する。

   翔太さんを巡っては、女性セブンが2010年1月28日号で、モデルの黒田エイミさん(23)とクラブでデートする様子を報じている。さらに、記事では、エイミさんを帰らせた後、翔太さんがクラブ内で、年上の女性がタイプだとして、「40代の年上美女」をナンパする様子を書いているのだ。つまり、番組内容と状況がそっくりということだ。

   とすると、記事に出ていた「40代の年上美女」は、女性誌記者の松本佳子さんのことだったのか。

   小学館の女性セブン編集部に取材すると、松本さんは、フリーの記者として、必要に応じて女性セブンに記事を書いていることも分かった。翔太さんをクラブで張り込んでいたときも、実は女性セブンの記者としてだったのか。

   こうした疑問に対し、副編集長は次のように説明する。

「うちの記事のことについて、お話しするということはしていません。記事で完結しているという考え方です。自分は当時おらず、把握できていないこともあり、お答えしようがないです」

   なお、翔太さんは、エイミさんと半同棲生活をしているとフライデーの11月11日号が報じており、松本さんも番組内でMさんは結婚が近いと言われていることを明かした。翔太さん事務所の研音とエイミさん事務所のエイジアクロスに取材すると、担当者が外出中などとして確認は取れなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中