2018年 7月 19日 (木)

柔道五輪「金」の内柴氏、セクハラで懲戒解雇

印刷

   アテネ、北京両五輪の柔道男子66キロ級金メダリストの内柴正人氏(33)が、客員教授と女子柔道部コーチを務める九州看護福祉大(熊本県玉名市)で、部員にセクハラ行為をしたとして、同大は11月29日、内柴氏を懲戒解雇処分にしたと発表した。

   同大によると、内柴氏は9月19日に学外のホテルで、未成年の部員の飲酒を黙認した上で、この部員にセクハラ行為をした。同大の調査によると、内柴氏は「合意の上だった」と話しているという。女子柔道部の関係者から9月、「学生が内柴氏からセクハラ行為を受けたようだ」と同大に相談があり、大学側は学内に調査委員会を設けて調べていた。

   内柴氏は熊本県合志市出身で、2009年4月より九州看護福祉大の非常勤講師となり、10年4月、女子柔道部のコーチに就任していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中