2020年 7月 7日 (火)

日本テレビが歌番組で「ヤラセ」? 録画放送なのに「生放送」の演出

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本テレビが2011年11月30日に放送した番組で「ヤラセ」があったのではないか、とネットで騒ぎになっている。

   その番組は延べ30組の人気アーティストが登場した「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2011」。3時間の生放送と宣伝していたが、一部の歌手は録画であるにも関わらず、生で登場しているかのような演出をした、というのだ。

平井堅さんは別な場所でコンサート中だった

   この番組では冒頭に、幕張メッセからの放送だとの説明があった。歌手の平井堅さんも出場歌手の1人であり、午後7時36分頃に登場した。総合司会のアイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんが

「生放送でお送りしております。続いてはこの方です。平井さんは日本テレビGスタジオにいます」

と話すと、テレビカメラは森麻季アナウンサーの顔に切り替わった。画面には「日本テレビGスタジオ」の文字と、パラボラアンテナのような表示が出た。森アナは

「こちら日本テレビのGスタジオです。平井堅さんにお越し頂いております」

と紹介。平井さんはテレビドラマ「仁」のテーマソング「いとしき日々よ」を見事に歌いきった。

   これを見て驚いた平井さんのファンがいた。平井さんはこの日、大阪城ホールでのコンサートがあり、開演が午後7時だったからだ。ちなみに「Gスタジオ」は東京麹町にある。平井堅さんの所属事務所によれば、この日のコンサートは予定通り行われたという。では、テレビは録画なのかどうか聞いてみたが「担当者が不在でわからない」ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中