「日産リーフ」電気自動車初のカーオブザイヤー

印刷

   日産自動車の「日産リーフ」が第32回「2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。電気自動車がこの賞を受賞するのは初めてで、11年12月3日に発表された。

   走行中に排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車であり、携帯電話等からリモート操作ができるなど快適で楽しいカーライフの提供が評された。

   「日産リーフ」は、国内の「2012年次RJCカー オブ ザ イヤー」、「2011-2012日本自動車殿堂カーオブザイヤー」、「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011」、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011」も受賞している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中