2019年 11月 20日 (水)

大舞台で「ドリムス」のバックダンサー扱い 「モーニング娘。」のファンが激怒

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌番組に出演したモーニング娘。が、OGグループ、ドリームモーニング娘。のバックダンサー扱いだったことにファンが激怒している。一部ネットでは、モー娘。ファンとドリムスファンが互いにやり合う「内ゲバ」も発生した。

   2011年12月7日放送された「2011 FNS歌謡祭」(フジテレビ)にモー娘。がドリムスと一緒に総勢約20人で出演した。

ドリムスが前列に陣取り、ソロパートもほぼ独占

   まず、「LOVEマシーン」を披露したのだが、ドリムスメンバーが前列にポジションを取り、安倍なつみさん(30)らがソロパートを歌う一方で、モー娘。メンバーは後列でダンス。

   2曲目の「恋愛レボリューション21」でも、モー娘。メンバーにソロパートが与えられたのは現エース、田中れいなさん(22)の1回だけだった。曲の後半でモー娘。メンバーが前列に出てきても、カメラは後方から客席を映し、モー娘。メンバーの顔がはっきり映る部分はほんの少ししかなかった。

   モー娘。としては10期メンバーが9月に加入して以来最も大きなテレビ出演だった。ファンの注目度も高かったのだが、ドリムスの「バックダンサー」という扱いに激怒。2ちゃんねるの「モ娘(狼)」板には「これなら出ない方がはるかにマシ」「現役がかわいそう」という書き込みが殺到した。

   また、ドリムスの中にはモー娘。の田中さんや道重さゆみさん(22)の後輩に当たるメンバーもいる。そのため、「先輩を差し置いて!頭にきた!」といった書き込みもある。モー娘。時代にスキャンダルを起こして脱退したメンバーもおり、そうしたメンバーのバックということも許せなかったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中