2019年 8月 17日 (土)

日本有線大賞受賞の「ふくい舞」 本人もびっくり、ネットでは「いったい誰?」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2011年の日本有線大賞をシンガーソングライターのふくい舞さん(26)が受賞した。ここ数年は大物歌手ばかりが受賞していた賞だけに「誰?」と話題になっている。

   12月10日、第44回日本有線大賞が発表され、ふくいさんの「いくたびの櫻」が大賞を受賞した。AKB48、氷川きよしさん、西野カナさんらは「優秀音楽賞」だった。

1月に「福井舞」から「ふくい舞」に改名

   有線大賞は有線放送キャンシステムへの1年間のリクエストを集計し決定する。ふくいさんのバラード曲「いくたびの櫻」は、2月発売以来28週連続10位以内を維持するロングヒットを記録し、大賞となった。授賞式でふくいさんは「このような名誉ある賞をいただき光栄に思います」と驚きながら話した。

   ただ、ここ数年の有線大賞受賞者を見てみると、氷川きよしさんや倖田來未さん、EXILEといった大物歌手ばかり。そのため、ふくいさんの受賞が発表されると「いったい誰?」といった書き込みがネットに多数寄せられた。

   ふくいさんの公式サイトなどによると中学時代から音楽に興味を持ち、大学時代はインディーズバンドでボーカルをしていた。2008年にエイベックスから出したデビュー曲「アイのうた」が配信で人気となり、同年の日本レコード大賞新人賞などを受賞している。安定した高い歌唱力と、10代20代に受けそうなリアルで等身大の歌詞、曲が特徴だ。2011年1月にアーティスト名を「福井舞」から「ふくい舞」に変更した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中