後継は金正恩氏 葬儀委員会序列1位

印刷

   朝鮮中央テレビでは2011年12月19日12時20分ごろから、金正日総書記の国家葬儀委員会の名簿を読み上げた。最初に読み上げられたのは3男金正恩氏で、2番目が金永南(キム・ヨンナム)・朝鮮最高人民会議常任委員会委員長だった。正恩氏をめぐっては、後継者としての権力基盤の脆弱さが指摘されていたが、北朝鮮政権内での「序列1位」が確認され、後継者として確認された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中