2019年 11月 20日 (水)

北朝鮮の看板アナ健在!訃報伝えて最後の「偉大な役目」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   このところ画面に出てこなくなり、安否が心配されるなど話題になっていた北朝鮮の国営・朝鮮中央テレビの看板女性アナウンサー、リ・チュンヒさんが2011年12月19日、2か月ぶりにテレビに登場した。

   リさんは北朝鮮が内外に向けて重大ニュースを発表するとき必ず登場することで知られ、とくに金正日(キム・ジョンイル)総書記の動静を力強く語るときのメリハリのある口調は国際的にも有名だった。この日、金総書記が亡くなったのを伝えたのもそのリさんだった。

いつもの「チマ・チョゴリ」姿ではなく…

   「偉大なる領導者(指導者)金正日同志が17日に逝去した」――。12月19日正午。真っ赤な画面が切り替わると、朝鮮中央テレビの「特別放送」でリさんは喪服のような黒い衣装に身を包んで現れ、用意された原稿を沈痛な面持ちで読み上げ始めた。

   ふだんは華やかな民族衣装のチマ・チョゴリで、力強い口調でニュースを読み上げることで知られるリさんだが、「悲痛な気持ちでお知らせしなければならない」と悲しみに涙声になりながらも、「革命に一生涯を捧げた」などと金総書記の偉業をしっかりと称え、伝えていた。

   リさんは1943年生まれの68歳。金総書記(69歳)の一つ下だ。アナウンサーとしては最高の地位を表す「人民放送員」や「労働英雄」の称号をもち、北朝鮮で最も重要なニュースとされる金総書記の動静を主に伝えていた。

   一部メディアの報道によると、リさんは映画演劇大学の出身で、そもそも放送作家の志望だったが、アナウンサーとして配置されて成功した。国からVIP待遇を受けているともいわれる。

   ふだんは物静かな口調だが、金総書記の動静については「重要なニュースだから、格調高く伝えるよう心がけている」と語っていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中