2019年 11月 23日 (土)

小林よしのりが秋元康と対談 「AKBが大東亜共栄圏を作りつつある」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ゴーマニズム宣言」などの作品で知られる漫画家の小林よしのりさんが、雑誌上でAKBのプロデューサー、秋元康さんと対談した。以前からAKBの大ファンを公言している小林さんだが、今回も大絶賛している。

   2011年12月20日発売のオピニオン誌「WiLL」(2012年2月号 ワック社)に掲載されたもので、小林さんと秋元さんのほか、AKB48のナンバー3、柏木由紀さんも参加している。「新春鼎談 AKB48は大東亜共栄圏」という強烈な見出しだ。

ゆきりん以外では峯岸みなみ、渡辺麻友推し

   小林さんは、ブログなどで以前からAKBのファンであることを公言していて、総選挙の会場に行っていたほか、大島優子さんがドラマの中で「処女喪失」した際には、大きなショックを受けていた。大島さんには「失望」したといい、ここ最近は柏木さんを強く推しているという。

   今回の対談でも柏木さん本人を目の前にして「ゆきりんには日常性があるんですよ。存在がリアルだから、本当に好きになっちゃいそうな感覚がある(笑)」とべた褒め。

   K-popアイドルは「全員美人」だが、日本人からすると誰が誰だかわからないとし、AKBのメンバーは「一人ひとりの個性が際だっているんです」としている。

   小林さんは柏木さん以外だと、峯岸みなみさん、渡辺麻友さん、河西智美さんが好きだということだ。「小林さんみたいな人のことを『DD(誰でも大好き)』って言うんですよ」と秋元さんに突っ込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中