2019年 9月 18日 (水)

スマホ急増が招いたメール障害 他人のアドレスで送られる異常事態

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   NTTドコモのスマートフォン(スマホ)向けサービスで、大規模なメールの不具合が発生した。メールを送信すると、相手には全く別人のメールアドレスから届いたように表示されるトラブルだ。

   約10万人が影響を受けたようだが、原因として指摘されたのが、昨今のスマホ契約者の急増だった。

同じIPアドレスが複数のユーザーに付与される

「spモード」で送ったメールが、別人のアドレスになっていた
「spモード」で送ったメールが、別人のアドレスになっていた

   トラブルが発生したのは2011年12月20日午後だ。NTTドコモのスマホ向けサービス「spモード」に不具合が起きた。「spモード」では、ドコモの従来型携帯電話向けサービス「iモード」で使っていたメールアドレスやメールサービスがそのまま利用できる。今回の障害は、自分のスマホからメールを送ると、受け取った相手には実際の送信者とは全く別の第三者のメールアドレスが表示されるというものだ。さらにそのメールに返信すると、そのまま第三者に届いてしまったという。

   ドコモはその理由を、「spモードサーバーにおける電話番号とIPアドレスの関連付けに不整合が生じました」と説明した。具体的にどういう意味なのか。

   スマホ所有者は1台につき、電話番号とメールアドレスがひとつ固定的に与えられる。通信時には、通信機器の識別番号であるIPアドレスがこれまた1個だけ付与される。ただしスマホの電源を1度切って再起動したり、電波の「圏外」から「圏内」に戻ってきたりすると、それまで使っていたIPアドレスが新しいものに切り変わる。ドコモ広報に取材すると、問題はこのIPアドレスを付与するサーバーの不具合だった。

   顛末はこうだ。まず、関西でケーブル切断が起きたためスマホがつながらなくなった。ドコモが販売している、米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載端末の場合、途切れた接続を回復しようと自動的にサーバーに接続要求を出す機能が働く。この動作が各所で一斉に起きたため、「spモード」のサーバーに大量の負荷がかかり、予期せぬ事態が起きた。利用者を管理するサーバーから、同じ番号のIPアドレスが複数出されてしまったのだ。

   先述のとおり、IPアドレスは「ひとり1個」のはずだ。ところが同じIPアドレスを持つ利用者が2人、存在することになった。IPアドレスはメールアドレスと関連づけられており、例えばAさんがメールを送ったのに、このトラブルで同じIPアドレスを付与されたBさんのメールアドレスと認識され、受信者に届く時にはBさんが送ったものとされてしまったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中