2018年 10月 23日 (火)

人事マンは新卒採用で高校名重視する 内部進学や推薦・AO入学に厳しい目

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大学新卒者の採用面接で、出身高校名を気にする企業が増えた――。こんなことを明かす人事関係者が相次いでいる。背景には、大学全入時代の買い手市場の事情があるようだ。

「二流の私大を出ていても、高校が名門校なら、『地頭がいい』と思われるんですよ。高校は、推薦では入れないことが多いですからね」

「大学全入時代で、質の不安がある」

出身高校名が気になる?
出身高校名が気になる?

   人材支援会社「クオリティ・オブ・ライフ」コンサルタントの常見陽平さんは、採用担当者の考え方をこう明かす。

   それは、大学が全入時代を迎え、推薦・AO(アドミッションズ・オフィス)入学の割合が増えていることがあると指摘する。

「競争経験のない大学生は大丈夫なのかと、質の不安があるんですよ。それに、こうした経済状況からも、企業が育てる余裕もないですからね」

   大学に入る過程を気にしているというのは、常見さんが各企業の人事担当者から聞いた感触だ。企業のプレエントリーには、ベンチャーでも1万、大手なら数万とかなりの数の応募があり、学生を振り分けるために高校名まで気にするようになったというのだ。

   歴史的な評価のある名門高校出身なら、競争によるストレスに慣れており、入社しても使えるとの判断が企業にはある。それは、灘や開成、麻布などの有名私立はもちろん、地方のエリート公立校もだ。また、中学を受験しているなら、教育熱心な家庭で早くからもまれて育ったと評価されることもあるという。

   ただ、名門校であっても、大学に内部進学した学生は企業が敬遠しがちだとする。受験という競争体験がなく、勉強していないとみられているからだ。一方で、東大受験マシンのように教育される新興進学校の出身者も、入社するまでに伸び切ってしまっているとして評価がよくないそうだ。

   人材コンサルティング事業を手がけるヒューマントップ社長の菅原秀樹さんも、高校名などを気にする企業が増えてきたと感じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...