2019年 12月 6日 (金)

「年に100人ずつ増えている」? AKB48が紅白「210人ステージ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   AKB48が大みそか恒例の紅白歌合戦で披露するステージに、前代未聞の「210人体制」で臨むことが明らかになった。

   2010年と比べて姉妹グループが増えたことが主な理由だが、今後も新たなグループが立ち上がることが明らかになっており、ステージの巨大化は続きそうだ。

ヒット曲3曲のメドレーを披露

4回目の紅白に臨むAKB48メンバー。前列左から板野友美さん、大島優子さん、前田敦子さん、高橋みなみさん。後列左から小嶋陽菜さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん、篠田麻里子さん
4回目の紅白に臨むAKB48メンバー。前列左から板野友美さん、大島優子さん、前田敦子さん、高橋みなみさん。後列左から小嶋陽菜さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん、篠田麻里子さん

   AKB48の紅白出場は4回目。今回の紅白では、「紅白2011 AKB48スペシャルMIX ~がんばろう日本!~」を披露することになっており、具体的には、ヒット曲「風は吹いている」「フライングゲット」「Everyday、カチューシャ」のメドレーになっている。2011年12月29日のリハーサルの前段階にあたる「音合わせ」では、ステージいっぱいにメンバーがパフォーマンスを披露した。

   2010年のステージは130人で臨んだが、今回のステージは6割増の210人だという。従来のSKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、お姉さんグループに当たるSDN48に加えて、11年は新たにHKT48(博多)、JKT48(ジャカルタ)が参戦したためだ。

   囲み取材では、高橋みなみさん(20)が

「『210人も、あのステージに上がれるんだ!』と思いました。大人数ならではのパワフルさを生かせれば」

と意気込む一方、前田敦子さん(20)は

「いやー、まだ完璧ではないですよねー。後ろを振り返ると人だらけ。明日(のリハーサル)もあるので、完璧にやれるようにしたいです」

と気を引き締めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中