2019年 12月 6日 (金)

長渕剛、被災地自衛隊ライブの原動力 疎開した自分への「自責の念」だった

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ミュージシャンの長渕剛さん(55)が、東日本大震災の1か月後に自衛隊の基地で行った「慰問ライブ」の様子を、ワイドショーのインタビューで振り返った。救助活動に尽力する自衛隊員の「心の動きに黙ってられなかった」という長渕さんだが、ライブが実現した原動力のひとつは、自分が故郷に「疎開」したことに対する「自責の念」だった。

1500人の隊員を前に6曲を熱唱

   長渕さんは2011年4月16日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)を訪れ、約1500人の隊員を前にヒット曲6曲を披露。長渕さんは、

「みなさんは日本の誇りです。僕の僕の僕の、大事な誇りです」

と大声で激励。多くの隊員が涙を流して喜び、この時の様子は、ツイッターでも「感動した」などと話題になった。

   長渕さんは12月30日放送のフジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」のインタビューに応じ、ライブが実現するまでの思いを語っている。インタビューでは、ライブのきっかけとして、

「自分の基地が崩壊している。『我が家が崩壊している』ということと一緒ですよね。それでも、目の前にある『助けて!』っていう人間の悲鳴や、『助けて!』っていう小さな子どもたちのまなざしや、腕をきちっとしっかりと持ってね、引き上げている。理屈のない、愛の満ち満ちた世界っていうのかな。その(自衛隊員の)心の動きに黙ってられなかったんですね」

と、自衛隊の活動に報いたいという思いがあったことを明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中