2019年 11月 19日 (火)

橋下市長、浜矩子さんを「紫頭おばはん」 「家族会議」で妻から「ダメだし」、謝罪・撤回

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大阪市の橋下徹市長が、ツイッターの発言の内容を撤回、謝罪するという一幕があった。テレビ番組に出ていたコメンテーターの髪の色を揶揄して「紫頭おばはん」などと発言したことが原因だが、何と謝罪を決めた理由が「家族会議の結果」。橋下氏の妻に、強く「ダメ出し」されたようなのだ。

   橋下氏は2011年12月28日、朝日放送(ABC)のニュース番組「『キャスト』年末スペシャル」に市役所から中継で出演、スタジオのコメンテーターとやり取りした。橋下氏は年明けた12年1月3日、思い出したかのようにツイッターで、この番組のコメンテーター批判を始めたのだ。橋下氏は、ツイッター上で見かけた

「やっぱ『批評家』って最悪。批評家でありがちなのは、(1)自分が成果出してないのに他人を批判する、(2)批判するだけで具体的な提案がない、(3)批判するくせに自分は大志をもっていない。こんなヒトは百害あって一利なし」

という書き込みに触発されたようで、「批評家」の一例が「夕方の情報番組に出てくるコメンテーターの類」だと指摘。具体的には、「キャスト」にコメンテーターとして出演していた浜矩子・同志社大学大学院教授に矛先が向けられた。

「大学教授も、公務員と同じく税で養われている存在」

橋下徹市長のツイート。「家族会議」で発言内容の一部を謝罪、撤回することになった
橋下徹市長のツイート。「家族会議」で発言内容の一部を謝罪、撤回することになった

   橋下氏のツイートによると、浜氏は橋下氏に対して

「みんなのために働いてもらうために税金で橋下を養っている」

と発言したとされる。これに対して、橋下氏のツイッターでは

「この浜と言うおばはん大学教授は、自分が税金を受けていることも分かっちゃいない。大学教授はこう言う人多いね。国立大学はもちろん、私立大学だって運営交付金で税が投入されている。大学教授も、公務員と同じく税で養われている存在なんだ」

と反論した。その上で、

「暇で、時間があって、ギャラが安くて使い回しの効く文系大学教授がコメンテーターで好き勝手なことを言ってる。本来コメンテーターなんてその道のプロじゃないとできないはず。タレントさんはタレントさんでその道のプロ。普通の感覚に訴えかけ、番組の雰囲気を盛り上げる」

と、自分がコメントする分野に関する十分な専門知識や実務経験がないまま、テレビ番組でコメントが許される現状を批判している。だが、橋下氏は浜氏を批判する中で、

「浜さん、あなたの紫色の髪の毛とその眉毛、そのために国民はあなたに税金を投入しているんじゃないんですよ!」

と、容姿についてふれる一幕も。さらに、橋下氏は、

「浜と言う紫頭おばはん」

という言葉を2度繰り返してもいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中