ソウルの日本大使館に火炎瓶 「祖母が慰安婦」主張の中国人逮捕

印刷

   韓国・ソウルの日本大使館に2012年1月8日朝、中国人の男が火炎瓶4本を投げ込み、警備中の警察官に逮捕された。火はすぐに消し止められ、けが人はなかった。

   逮捕された中国人の男は、祖母が旧日本軍の元「従軍慰安婦」だったと主張しているという。ソウルの日本大使館前には2011年12月、元慰安婦をモチーフとしたブロンズ像が設置され、物議をかもしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中