2018年 7月 23日 (月)

航空機の遅延最多「世界最悪空港」は

印刷

   ビジネス旅行における世界最悪の空港はどこか――。複数の米オンラインニュースがその結果を報じている。

   2012年1月2日付の米ニュースサイト「エグザミナー」は、ビジネス旅行サイト「レッツ・フライ・チーパー」が2011年12月に発生した航空機の遅延件数に基づいて発表した「最悪ランキング」を引用した。それによるとワースト1は中国の北京首都国際空港で、1万2864件に上った。2位はシンガポールのチャンギ国際空港の7428件、3位はフランス・パリのシャルル・ドゴールの6731件だった。

   米国内の「最低空港」に選ばれたのはダラス・フォートワース国際空港で、遅延件数は7231件となった。記事では「あくまでもビジネス客に対象を絞り、目的地に遅れることなく到着するといったビジネス旅行として最も重要な点に着目した結果」とまとめている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中