S&P、ユーロ圏9か国を格下げ

印刷

   米大手格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2012年1月13日、ユーロ圏9か国の長期国債の格付けを引き下げたと発表した。債務危機への対応が不十分だと判断された。フランスとオーストリアは最上級の「トリプルA」だったが、1段階引き下げられた。これを受け、フランスのバロワン経済・財政・産業相はテレビ番組で、「破局ではない」と述べ、冷静な対応を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中