センター試験、トラブル続出 約4500人に影響

印刷

   2012年1月15日に、大学入試センター試験は2日間の全日程を終了した。大学入試センターによると、初日(14日)に地理歴史と公民で問題冊子の配布ミスが全国で多発し、4565人の受験生に影響が出た。また、気仙沼高校(宮城県気仙沼市)で、英語のリスニングに使うICプレーヤーの届け忘れもあった。

   センター側は、15日の会見で「多数の受験生に迷惑をかけることになり大変申し訳ない」と謝罪。今後、運営方法の改善を検討すると述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中