2019年 12月 12日 (木)

秋元康に米CNNが厳しい追及 「性的搾取に関与しているのか」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

ネット上では、記者の質問に賛否両論

   秋元康さんによると、アンナ・コレンさんが指摘したのは、2010年8月18日発売の曲「ヘビーローテーション」のことだという。この曲のミュージックビデオでは確かに、メンバー同士がキスしたり、風呂に入ったりするシーンが出てくる。

   こうしたシーンについて、秋元さんは、「芸術かアートかわいせつか、ということと同じ」だとして、「それをどう感じるかは個々の判断だと思いますね」と一蹴した。

   ネット上では放送後、番組でのやり取りについて、様々な反応が出た。2ちゃんねるのまとめブログでも紹介され、それらの書き込みでは、コレンさんの指摘には賛否が分かれている。

   賛成としては、「AKBはエロ路線の規制が強まると壊滅するな」「イスラム圏で同じノリでやったらマジで国際問題になるよ」「日本のメディアでもこれくらい聞くところはないの?w」といった反応だ。一方で、首をひねる向きもあり、「アメリカでもセクシー表現は多い訳だがなあ」「幼く見えるアジア人の女性グループは児童ポルノ扱い」「そんなに悪いことか?という疑問もある」といった声が相次いだ。

   もっとも、CNNの番組は、AKBに否定的な質問だけをぶつけていたわけではない。「ジャパニーズ・ポップスの成功を象徴する音色」として、ニューヨークやモスクワ、パリでも認知度が高まっているとして、「AKB48!」と声を上げる白人女性ファンらの姿を紹介した。コレンさんは、ステージ本番前のメンバーらを取材しており、「みんな自分のやってることが大好きなのね」と声をかけていた。シンガポールにAKBカフェができたことを「アジアでは、完全に受け入れられていますね」と持ち上げ、秋元さんがそれを「どうですかね」とさえぎるほどだった。

   なお、CS放送を運営する日本ケーブルテレビによると、「トーク・アジア」は、アジアを中心にヨーロッパ、アフリカなどでも放送されるCNNインターナショナルの番組であり、アメリカ国内では放送されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中