2019年 6月 25日 (火)

ロンドン五輪のオープニング歌手投票 初音ミクがK-POP追い抜き暫定1位

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   海外サイトのアンケートでロンドン五輪のオープニングで歌って欲しい歌手について聞いたところ、日本のボーカロイド、初音ミクが暫定1位となり、上位のK-POP歌手とデッドヒートを繰り広げている。

   投票が行われているのは「The top tens」という海外サイト。「最も優れたロックバンドは?」「世界で最もセクシーな女性は?」といったアンケートにみんなで答えて交流するといった感じのサイトだ。

K-POP勢の独占状態に初音ミクが入り込む

初音ミクが大躍進。
初音ミクが大躍進。

   現在盛り上がっているのが、「Singers You'd Like to Perform at the 2012 London Olympics Opening Ceremonies(2012年ロンドン五輪のオープニングセレモニーでパフォーマンスして欲しい歌手)」というアンケート。

   2012年1月初旬の段階ではレディー・ガガさん、ジャスティン・ビーバーさんといった世界的な歌手を抑えて、1位がSUPER JUNIOR、2位BIGBANG、3位SHINeeと、なぜか韓国のK-POP勢が上位を独占していたのだが、その後、日本の初音ミクがランキングに登場し、1月17日昼頃、1位になった。

   もちろん初音ミクはソフトウェアだ。そのため、一時ランキングから外されていたという情報もあるが、現在1位になっているということは生身の人間、もしくはそれに類したものとして認められたということだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中