鹿児島刑務所内の映像、出入りの元運転手が撮影とわかり謝罪

印刷

   刑務所内の映像がユーチューブに投稿された問題で、鹿児島刑務所は2012年1月17日、出入りしていた運送会社の元運転手男性(44)が無断撮影していたものであることを明らかにした。

   刑務所側は会見で、「一歩間違えば逃走につながりかねない情報」だったと謝罪した。それによると、男性は11年12月21日に刑務作業品の資材を搬入しているときに、トラック内にデジタルカメラを置き、30分間ほど撮影したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中